福島研修旅行2日目☆

画像

猫魔ケ岳八方台登山口→猫魔ケ岳眺望台→猫石
→雄国沼→雄国沼雄子沢登山口

本日は登山です。実は2週間ほど前に一度下見で訪れて登ったコース。運動とは無縁の人間にはけっこう厳しいコースではありますが、頂上からの眺めや雄国沼の湿原の美しさに疲れも吹っ飛ぶ素敵なコースです。天気にも恵まれすぎるほど恵まれ、暑い日差しの中登ってきました。
↑上は二つ目のピーク、猫石からの眺め。向こう側に見えるのが雄国沼。すばらしい眺望を満喫した後は、足元に中止しながらあの沼までおりて、沼の向こう岸を右端から左端へ歩き、そしてまた右端へ戻ってくる…。自分たちがこれから歩く距離を実際の景色で地図を見るように眺められる。ちょっとした感動ですが、それと同時にまだまだあんなに歩くのか…と思ってみたり。でも、だからこそ達成感があるというものです☆


画像









途中こんな沢を横切ったり。

とても気温の高い中での登山だったので、沢を見つけると大歓声がおこっていました。

岩、苔、水…それだけで涼がとれるんです。


そしてアップダウンを繰り返して雄国沼へ。

画像

雄国沼の木道を歩く
今はニッコウキスゲが一斉に咲き始めたベストシーズンで、多くの愛好家たちでごったがえしておりました。本格的なカメラで撮影する人、植物を指差しては花の名前を1つずつ確認する人。木道はなかなか前に進みません^^ヾ個人的には2週間前に来たときのほうが、ニッコウキスゲは咲き始めだけれど他の小さな花も咲いていて好みだな~。でも、黄色に染まった湿原を見渡して、女子高生たちは「素敵~!かわいい~!」を連発しておりましたから、大いに満足です。


画像

ぶな太郎
雄国沼を後にすると、あとはひたすら下山です。うっそうと茂る森の木陰が涼しいなかを降りていきます。途中、ひときわ幹の立派なブナがありました。樹齢400年は超えているとか。宮崎アニメにでてきそうな、本当に立派なきでした。…と、6時間弱にも及ぶ登山は無事終了。筋肉痛は間違いなしと思われますが、みんなの顔に達成感があらわれていたので、とってもいい登山となりました☆