古都の旅 2010如月/3・4☆

画像

今日は奈良を散策する予定なので、頑張って早起きして京都駅まで歩いて移動。ふと西本願寺の敷地をみると、紅白の梅が咲いていました。幾分曇りではあるけれど、梅の香りで気持のいい朝に。


画像

東大寺 南大門 
奈良に到着してまず向かうのは東大寺。日本最大の山門には仁王像。物凄い迫力です。


画像

見上げればしっかりとした木組み。風化の具合も美しい。


画像

どこから見上げても堂々としていらっしゃる大仏様。東寺の職人のダイナミックさと繊細さを十分に感じることができます。


画像

奈良といえば鹿です。今回、1人の友達は「鹿」と会うことを心待ちにし、もう1人の友達は「せんとくん」を満喫するために奈良にやってきたと言っても過言ではありません。そんな2人を遠目に見ていた私ですが、(せんとくんにははまりませんでしたが)「鹿」の可愛らしさはちょっと心奪われました。


画像

ちょっと華奢で可愛い鹿を見つけると近寄っていく友達。腰が引け気味(笑)


画像

正倉院
正倉院は残念ながら休日はお休み。塀と木立の隙間から見える建物が正倉院。高床式の校倉(あぜくら)造りをしっかり見たかったんだけれどなぁ。


画像

お水取りで有名な二月堂へ。二月堂へ続くこの階段がなんともいえず素敵。
三月堂、四月堂と見て回ってから春日大社へ向かいます。


画像

曇り空から太陽の日差しが徐々に溢れ、森の中の参道には光のコントラストができていました。その陽だまりにたたずむ鹿の姿、とても神秘的。


画像

そしてこの参道の両脇には無数の灯籠が並んでいます。夜には灯りをともす期間もあるとのこと。えも言われぬ幻想的な世界なんだろうなぁ。


画像

春日大社
奈良に都ができた当時、国と民の幸せを願って作られたお社。朱の色が森の中によく映えています。


画像

軒下に無数の釣り灯籠。


画像

春日大社の「鹿みくじ」。群れる姿がとても可愛い。口にくわえているおみくじは大吉かな?凶かな?可愛い顔をしていても、人々に神様の言葉をしっかりお伝えしようと頑張っています。


画像

春日大社をあとにして来た道を戻ると、洒落た和洋折衷の建物が。昔の物産館だそうです。窓の形や館の形、どうして現代ではこういう洒落た建物を建てないんだろう。


画像

奈良ホテルへ向かう途中。のどかで穏やかな日差しが降り注ぎます。


画像

奈良ホテル
かのチャップリンも宿泊した奈良の老舗ホテル。今年で創業100年だそうです。ここで食事は高いけれど、お茶くらいなら大丈夫。とにかくここで時間を過ごしたい!という一心でやってきました。


画像

窓際の席は満席で、ティーラウンジのソファ席のほうに通されました。こちらはこちらで重厚な雰囲気があって素敵。ビロードの赤がアンティークな建物によく似合っています。


画像

創業100年と遷都1300年を記念したケーキのセットを注文しました。松の実たっぷりのケーキは食べごたえもあって美味しかった~。紅茶もしっかりしたお味で、とても好みでした。


画像

元興寺
日本最古の飛鳥時代の瓦が使われているお寺。


画像

猿沢の池からの興福寺の五重塔


画像

目の前を通り過ぎる花嫁花婿を乗せた人力車。京都だからこそ見ることのできる1枚の絵のような美しさ。


画像

梅園
丸一日奈良を堪能して京都へ戻ってきました。今回の旅で私たちがまだやり遂げていないミッションは、「みたらし」を食べること。早起きして奈良に行った甲斐もあって、夕方に京都に戻ってこれたので、お目当ての梅園へ向かいます。メニューのどれもが食べたいものばかり。そこでいろんなものが少しずつ楽しめる「甘味点心」を注文♪ここのみたらしの、あの香ばしい風味がたまらなく美味しくて大好き!一串がとにかく小さいので、お持ち帰り用も包んでもらえばよかったかなぁ~。


画像

ここら屋
京都最後の夜ご飯は、友達は安くておいしくて野菜たっぷりと絶賛する「ここら屋」へ。友達の言葉通り、お野菜が美味しい!そしてお野菜たっぷりメニューが嬉しい!ちぢみ、ブリ大根、牛蒡あげ、揚げ茄子豆腐、長芋と九条ネギのオムレツ、蓮根ステーキ、それにビール。これだけ食べても1人2000円程度。ふふふ。


画像

旅館 花屋
最後の宿泊先は、三条の先斗町にあるこちら。木造三階建ての町屋。私たちのお部屋は3階。窓を開けると目の前には河が流れていて、夏は涼をとるのにもってこいな立地。でも今は冬なのよね。


画像

踏みしめると、みっしみっしときしむ廊下。こういう本来なら日常の音も、今では聞くことができないのだと思うと有り難く聞こえてきます。


画像

さて、こちらば朝食の様子。宿の向かえがお豆腐屋さんなので、新鮮なお豆腐関連メニューがずらり。新鮮な豆乳、こんなにまろやかな豆乳は初めて!飛龍頭の中にはきくらげとユリ根がたっぷり。(これ、とっても美味しかったから、自宅用にあとでお買い求め♪)


画像

食事をとった座敷の障子は、河の流れに目遣ることのできるガラス窓が。ふと見ると紫陽花の枝が見えていて、そこから新芽がほころんでいる様子が見えます。寒い寒いと思っても、春は着実にすぐそこまでやってきている…そう思うと背中がすっと伸びる心地がします。今回の旅を糧に、また明日から頑張ろう。
一緒に旅してくれたお二人に感謝^^また行こうね♪