台湾の旅 2011迎春/4☆

2011.1.1(4日目)
画像

龍山寺
新年明けましておめでとうございます。
旧正月を盛大に祝う台湾ですが、新暦元旦も人々はお寺にお参りしています。私たちはゆっくり起きてお参りに。


画像

長いお線香、お花の供物。異国での元朝参り。


画像

紫藤藘(ツートンルー)
台湾滞在中3日の最終日。今日は台北市内の茶藝館を巡ることに。まずは、やっぱり台北で外せない「紫藤藘」。年月を重ねた落ち着いた雰囲気。いつきても清々しさが漂う茶藝館。


画像

東方美人を注文。こちらのお店の方々はみなさんお茶の研鑽を積まれている方々なので、その所作も拝見したくて最初の1杯目はお店の方に淹れていただきました。


画像

お茶請けにはパイナップルケーキと茶梅を。
2杯目以降のお茶は友達二人にずっとお任せ^^
美味しく淹れてくれてありがとう♪


このあと、もう1軒ぜひ立ち寄ってみたい茶藝館があったので、茶藝館のハジゴとなりました。


画像

小慢(シャオマン)
オーナーの小慢さんのセンスのよさが光る茶藝館。以前はランチ等もやっていたようですが、今はお茶のみ。(時々変わるようですので、行かれる方は事前に確認なさってください。)数年前、マンションの1フロアで繰り広げられた素晴らしいランチのコースに気持を鷲掴みされて以来、小慢は気にならずにはいられない存在になりました。今回伺った時、客は私たちだけだったので、その空間美を思う存分堪能してきました。


画像



画像

お茶は2種注文しなければならないということで、阿里山佛手(96春茶)と文山包種(97春茶)を注文。お茶道具のしつらえも茶藝館ごとの雰囲気があって目でも楽しい。


画像

先ほどの紫藤藘では2人が淹れてくれたので、ここでは私がお茶を振舞いました。


画像



画像

佛手とは茶葉の伝統種の一種で、仏の手のように大きいことからきているのだとか。飲み終わった後に茶葉を広げて…茶葉の形も目で楽みます。


画像

どこを見ても、見習いたいしつらえがいっぱいの小慢。こういう雰囲気を持って帰れたらなぁ~。


画像

台湾警察の白バイ
ずらーっと並んだ警察のバイク。台湾でバイクと言えばスクーターがほとんど。警察のバイクもスクーター。なんだか…か、可愛い。


画像

冶堂(イエタン)
次は台湾で必ず寄りたいお茶屋さん。私はここの高山茶がお気に入り。高山茶というのは烏龍茶の中でも標高の高い山のお茶全般をさしているのですが、冶堂の高山茶では「龍鳳峡(杉林渓)」のもので、それをじつに風味良く青茶に仕立てているのです。私はこれを夏場に水出しで飲むのが大好き!ちょっとお値段高いのだけれど、ここでしか買えないから2袋買って1年中楽しんでいます。


画像

お茶の道具もいろいろと揃っています。手が出ないものも沢山。眺めているだけでも幸せ。


画像

小さいお店ですが、文人の雰囲気のご店主の教養あふれるしつらえに、いつもため息。今回もこれて、よかった!


画像

永康街刀削麺
気がつけばもう2時!茶藝館2軒とお茶屋さん1軒をみていたらもう昼過ぎです。冶堂から徒歩数分の刀削麺のお店へ。読んで字のごとく、麺の生地をを刀でしゅっしゅと削るようにして作る麺です。私が注文したのは炸醤麺の小サイズ。55元(150円位)!もちもちした麺に肉みそがよくからんで美味しい♪地元でも人気のあるお店なので、いつも人でいっぱい。麺がなくなったら営業終了なのですが、お昼の部は私たちで最後だったみたいなので、食べることができてよかったー。

この後、友達は台湾式シャンプーを体験したり、もう1軒茶藝館にいったりしました。本当にお茶三昧!十二分にお茶を満喫したところで、台北で最後の夜ご飯を食べに行くことに。


画像

廣生食品行(上海料理)
小慢のお店のほど近く、国立台湾師範大学近くの学生繁華街の一角にあるお店。アンティークの家具が置かれた店内…ということで、お値段高めかな?と思って覚悟して行ったのですが、さすが学生の街!350元(945円)でお腹いっぱい食べることができました!味も美味しい!


画像

メインを選ぶと、ご飯、スープ、副菜2品、デザート、ドリンクがついてきます。これで350元(945円)は安い!私は「チキンと栗の炒め物」を注文。店内はお洒落な雰囲気で、黙っていてもグラスに水が注がれるけれど、普段着の家族連れが多く食べに来ていました。こういうお店、いいなぁ。


画像

友達は「台湾風ビーフシチュー」「台湾風煮込みハンバーグ」(あ、これはあくまで見た目からのネーミング。メニュー表には四文字熟語で書かれてました。)どれも日本人の口にもよく合うお味。今日が最終日でなければ、再訪していたこと確実だと思うお店です。


画像

こんな感じで私たちの台湾4泊5日は終わりました。茶藝館もたくさん寄れたし、老街も行けたし、大変満足。次はいついけるかわからないけれど、またぜひ訪れたい国です。
一緒に行ってくれたロザ、cumiちゃん、本当にありがとう&お世話様でした!

写真の多い旅行記、最後まで読んでくださってありがとうございました☆