台湾の旅 2011迎春/2☆

2010.12.30(2日目)
画像

明日は大晦日ではあるけれども、旧正月を盛大に祝う台湾では30日はいたって普通の日。私たちはまず今日明日使う電車の切符をとりに台北駅へ。ホテルから駅までお散歩感覚の20分。台湾はとにかく交通費が安い!指定席の特急に1時間乗っても数百円。新幹線だって40分乗っても1000円しません。だから、オプショナルツアーを申し込むよりも、自分で駅に行って切符を取る方が安いし、何より「旅」してるって感じがして楽しい♪日本で時刻表をプリントアウトしておいて、乗りたい時刻にマーキングして窓口に出せば、言葉が通じなくてもOK!


画像

好様餐卓(VVG TABLE)
切符を買ってスーパーマーケットなんかを覗いたあとは、地下鉄で忠孝敦化駅へ。お茶やさん「和昌茶荘」でお茶の試飲をして茶葉を購入したり、「誠品書店」で本や雑貨を眺めたり。そしてお昼時になったのでランチをしにVVGへ。ここのお店は洒落たインテリアもさることながら、どことも似ていない西洋風な味が楽しめるのです。お値段は高めだけれど、旅の出だしだもの!各自スープを、リゾットとパスタはシェアして食べました。


画像

蟹とアスパラガスのスープ


画像

バジルペーストなんだけど、ちょっとアジアなテイストで美味しい。


画像

紅茶風味のスモークポークとアスパラをのせたリゾット
このスモークポークは特に美味しかった!


画像

海老とイカとアサリがたっぷりのフィットチーネ
麺よりも魚介のほうが多くって、うま味たっぷりのスープが美味しい!


画像

VVG Bon Bon
食後、VVGがスイーツのお店を出したというので行ってみることに。VVG TABLEの通りと背中合わせの通りに、そのお店はありました。


画像

入口からして、とにかくキュート!


画像



画像



画像

店内はVVGのセンスを存分にいかしたスーツと雑貨と家具。店内でお茶することも可能ですが、この後電車に乗る時間が迫っていたので、量り売りのプリッツェルのみを購入。今度はぜひここでお茶したい♪


画像

本日の午後の目的地は九份♪
台北駅から宜蘭線で瑞芳駅へ。指定席を前もってとっておけばしっかり座っていけるのでお勧め。瑞芳駅から九份まではバスもあるけれどタクシーを利用。一律180元と決まっているので複数で行けばタクシーの方が便利!ちなみに最近のレートでは1元=2.7円くらい。


画像

阿妹茶酒館
九份は廃坑の町。坂道にお店がひしめいていて、観光客でいっぱいです。ひととおり歩いてから茶藝館へ。前回は「九份茶坊」に行ったので、今回は別のところに行ってみようということで「阿妹茶酒館」へ。ここは映画『非情城市』に登場したこともあるのだとか。


画像

お茶請けにはタロイモの揚げ饅頭を。これがほのかな甘みで美味しい!今回の旅の中のお茶請けのベスト3に入ります♪


画像

今回、九份を訪れるに際して、ぜひ夕方の灯りの灯った景色をみてみようってことになりました。今まで来た2回とも昼間だったので、九份の印象的な提灯に灯りのともった姿をぜひ見てみたくって。5時半頃にはだんだんと日が暮れ始め、あちこちに灯りが灯り始めます。


画像

九份茶坊の姉妹店、「天空之城」にも灯りが。


画像

そしてこちらが九份のメインストリートの灯り。提灯は真赤ではなくてピンクがかった色で物凄く幻想的。


画像

九份茶坊
帰りの電車までまだまだ時間があったので、九份茶坊へも行ってみることに。茶藝館ですからゆっくりお茶もできますが、茶葉を試飲して購入することもできるので、私たちは九份茶坊の可愛いお姉さんに3種類のお茶を入れていただいて茶葉を購入。そして、茶器とお盆も購入♪


画像

ここは九份茶坊の地下部分。やっぱり九份茶坊の雰囲気は抜群に素敵だと思います。ガイドブックでは九份の茶藝館として「九份茶坊」と「阿妹茶酒館」が大きく取り上げられていますが、私たちの好みとしては「九份茶坊」をお勧めします。あーでも、あちらのタロイモの揚げ饅頭は絶品なんですけどね。


画像

18時半頃、九份の山を降りることに。いつ来てもノスタルジックな独特の雰囲気を醸し出している九份。ゆっくりまたお茶しに来たいなぁ。


画像

瑞芳駅からの電車まで時間があったので、駅前を散策。すると「美食街」という建物が。入ってみると屋台風の店がひしめいていて、地元の人たちが夜ご飯を食べています。時間もあるし、私たちもここで夜ご飯をとることに。



画像

おばちゃんが焼きそばを作る姿がとっても美味しそうだったので、このお店に決まり!


画像

あんかけ牛肉炒麺
お肉は豚・牛等から選び、あんかけ焼きそばかあんかけご飯から選べます。3人ともあんかけ牛肉炒麺を注文。ほっとする味!これで60元。あーうちの学食も見習ってほしいこのクオリティ!と、ひとりぼやいておりましたが、安さと美味しさが格別の台湾。大好き!


画像

胡椒餅
台湾では今、B級グルメとして胡椒餅なるものがブームなのだとか。豚肉と青ネギの胡椒をきかせたあんを生地で包み、タンドールで焼いたものなのだとか。どれほど美味しいのか!?と、私たちも話題にのぼっていたのですが、ちょうどこの美食街にも売っていたので1つ(40元)買ってみることに。胡椒はかなり独特な台湾的香辛料。生地はタンドールで焼いてあるためか少々固め。うーん。こういう感じか~と、学習した私たちでありました(笑)