2011冬 九州/8

【唐津~福岡drive】
画像

九州最終日。虹の松原のそばに建つホテルの部屋から、雲に少し隠れてはいるものの紅に輝く美しい朝焼けを眺めることができました。
そしてホテルで朝食を済ませた後は、いざ出発!…と行きたいところですが、なかなか私はTVの前から離れることができません。だって今日は箱根駅伝の復路の日。もう気になって気になって。キリのいいところなんてそうそうないので、母に引きずられるようにして駐車場へ。そしてすかさずラジオをつけて、さぁ出発です。



画像

この日も海岸線をドライブ。海岸線の変化を楽しみながら、でも耳はしっかりラジオに向けて(笑)



画像

この向こうに、玄界灘の荒波が控えていました。お天気はいいのに、身を刺すような冷たい強風!



画像

芥屋の大門
この大きな崖、海側が洞窟になっていて、日本三大玄武洞の中でも最大級を誇り、春から秋までは遊覧船がでるのだとか。あいにくこちら側からは洞窟の様子は少しも分りませんが、その洞窟の内部がものすごい世界なのだそうです。六角形や八角形の石柱の世界を遊覧船で進んでいくのだとか。もし別の季節に来ることができたら、ぜひ入ってみたい!



画像

そんな強風の中でも、花は咲いておりました。



画像

大祖神社
芥屋の大門への登山口脇に建つ神社。荒々しい風吹く中に建っておりました。



画像




画像

車が一台しか通れないような細い道をどんどん登って行って…とにかく高低差がものすごいのです。レンタカーがマーチだったからよかったけれど、もう少し大きい車だったらかなり怖かったかも知れません。



画像

ちょっと広い道にでたところで小休止。なにも遮るもののないどこまでもどこまでも続く水平線。



画像

二見ケ浦 夫婦岩
唐津から始まった糸島ドライブも終盤戦。有名な夫婦岩までやってきました。ツーリングの年配者バイク軍団、なぜか多い1人サイクリング。みんなこの夫婦岩のあたりで小休止。



画像

九州旅行の写真もこれがラストです。今回は史跡や遺跡、そして海岸線ドライブを楽しむのんびりした旅でした。このあと2時近くの飛行機で伊丹乗り換えで仙台へ。福岡空港ではワンセグで箱根駅伝を気にしつつお土産を買い、売店で買ったかしわ飯のおむすびを飛行機で食べ。あー最後までお昼ご飯をちゃんと食べないまま旅を終えてしまった(笑)それもまた、今となっては旅の思い出。また母とどっか行けたらいいなって思います。でも、今度は絶対に全食ちゃんと食べたい!

ながなが読んでくださった皆さん、お付き合いくださってどうもありがとう。
九州、素敵な場所でした。