オオタナナエ台所教室(H24.4.22)。

画像

今日は何作るのかな?
メニュー告知はされているものの、必ず美味しいものを作るので、メニューをよく確かめもせずに小躍りしながら毎回通う台所教室。そして今日も美味しかった。


画像

米粉で麺を打ち、細く細く切る。神経をフルに使って時間をかけて仕上げる麺。でも、食べる時はあっという間!



画像

生春巻を巻くときは、中の具が「苦ちぃぃ、くるちぃ。。」というくらいきゅっと巻いていくのがポイント(笑)



画像

タコ糸なくっても、何時間も漬けこまなくても、味のしみた柔らかチャーシューが完成!



画像

Cao lau Hoi An(カオラウホイアン)
手打ち麺に柔らかチャーシュー、そして野菜や胡麻せんべい、海老をのってけたらチャーシューの煮汁を回しかける。黒胡椒をきかせれば、なお美味しい!本場ではカンスイを含んだホイアンの井戸水で打つ麺なんだそう。台所教室で作った麺は、細めの讃岐うどんのようになめらか。だから讃岐うどんなんかで代用可能。これは復習しておきたい味です。


画像

Goi cuon chay(精進生春巻き)
きゅっと巻いた生春巻き。今日のタレはピーナッツ味噌のタレ。精進生春巻きだから、動物性の食材はなし!でも、油揚げを入れたことで味も食べごたえも十分です。そうそう、生春巻きの皮って、ベトナム産やタイ産など各地のものがありますが、タピオカ粉入りのベトナム産のが破れにくく扱いやすいのだとか。だからきゅきゅっと巻いても、破れもせずにしっかり出来上がります。



画像

Banh khoai lang(さつまいものおやつ)
細切りにしたさつま芋とコーンを衣で和えて揚げたもの。見た目は天ぷら?って感じだけれど、口にするとやっぱりおやつなんだな。素朴で手軽なおやつ。ベトナムって本当に美味しい。

ナナエ先生の台所教室は今月で3周年を迎えられました。話題の引き出し満載のナナエ先生。お料理のこと、知的好奇心をくすぐられる楽しい話題、軽快なテンポの語り口。みんなをひきつけてやまない台所教室が、今後ますますご繁盛なさいますように。
さて、来月は何かな~。