オオタナナエ台所教室(H24.5.23)

画像

初めて仕事帰りに、miyukiさんと平日のレッスンに参加してきました。前々から、ナナエ先生のベトナム料理に(ナナエ先生のトークに?)興味津々だったmiyukiさん。ナナエ先生の美味しさと面白さは折り紙つきだから、存分に楽しんでくれたみたい。お連れしてよかった^^



画像

今日の料理はナナエ先生お気に入りの山芋スープ。煮付けの甘辛味が好きな日本人のつぼにはまりそうな白身魚の土鍋煮。ピーナッツ胡麻塩をつけて食べるベトナムおにぎり。平日の夜のせいもあってか、いつも以上に「習いに行く」っていうより「食べに行った」感が否めません。毎日こういうご飯が家で出来上がってくれてたらいいのにな。今日ご一緒の皆さんとも楽しいおしゃべりができて、とってもいい息抜きになりました。平日の夜のレッスンもいいかも♪



画像

Ca kho to(白身魚の土鍋煮)
躊躇せずにしっかり火にかけてカラメル液を作って、カラメルとヌクマム等で味付けした白身魚。ご飯がすすむこと間違いなしの1品。今日は日本で手に入りやすい甘塩鱈で作ったけれど、本場ベトナムでは雷魚なんかの川魚なんかで作るのだとか。雷魚ってどんな味なのかな??



画像

com nam muoi vung(ベトナムおにぎり)
ベトナムおにぎりはジャスミンライスではなく、日本米で。四角に切り分けたものに、ピーナッツゴマ塩をつけて食べます。ご飯を炊くときに、香りのする「パンダンリーフ」という葉っぱを入れるんだけれど、ベトナムの人はこの匂いが大好きなんですって。実際にナナエ先生に嗅がせてもらってみんなでにおいを確認。ふふ、確かにあの匂いに似てるかも!(笑)



画像

Canh khoai lang(山芋のスープ)
手間暇かけた絶品スープ!これがまた美味しくって美味しくって!ベトナムの山芋で作ると紫色になるそうで、でも今日は日本の長芋で作ったから、紫芋パウダーで着色して雰囲気を味わいます。でもね、この素敵な雰囲気以上に、味が格別でした。疲れたときほどすーっと体にしみいっていくような…。ベトナムでは、体調崩して日本人がおかゆを食べるように、これを食べたりするんですって。健康で元気な体でも、いつまでも食べていたい味。みんなで何回もお代わりして頂きました。



画像

Banh canh ngot(バインカンのチェー)
今日のチェーは温かいチェー。タピオカ麺を打って、ナミナミ包丁で切って、パンダンリーフで香りづけしたココナツミルクベースのスープで煮てあります。以前にタピオカ麺で麺類を習ったけれど、デザートにもなるなんて!寒暖の差の激しい日が続いて疲れ気味だったたから、今日はどれもこれも栄養補給になるものばかりで有り難いメニューでした。6月はナナエ先生が巴里へ行っちゃうので教室はお休み。7月が待ち遠しいです。
ナナエ先生、復習しながらお帰りを待ってますね^^