ナディハウス 上級7。

画像

上級7/クロワッサン
とうとう、クロワッサンのレッスンを迎えました。
いつもは2種類のパンを習うのだけれど、今日は全身全霊でクロワッサンに集中!先生のデモンストレーションを見て、そのあとに順番に作業を交代して実践。とにかく手順が多くて多くて、メモもいつもの5倍以上取りました。あの丸パンを初めて丸めた日が懐かしい。まさかクロワッサンを作る日がちゃんとくるだなんて。



画像

今日の先生の作ってくださったおかずは、「卵焼きとセロリのスープ」。こんなにセロリがたっぷり入ったスープって人生で初めて。卵焼きが入ったスープも初めて。でも、口に入れてみると知ってるような馴染みのあるような美味しさ!奥のチーズケーキはSさんに作って来てもらったもの。Sさんのお菓子、口どけがとってもよくって美味しいんです。トッピングもあれこれ準備してきてくださって、本当にありがとうございました^^


画像

クロワッサンは手順が多くて時間もかかるので、焼き上がるのはいつもより1時間以上もあと。そういうわけで、焼き上がり前の食事の時間に、先生が昨日の上京先で買ってきてくれた志賀さんのパンが食卓に!そしておまけに黒トリフのオイル漬けも頂きました。あーもう、幸せだねって。美味しいって幸せだねって、今日もみんなで繰り返していました。そしていよいよクロワッサン。



画像

層を潰さぬように細心の注意を払って成形したクロワッサン。
天然酵母で作るクロワッサン。目指すところは「サク ホロ もちっ」っとした食感。
どうだろ、どうだろ…見た目はものすごく上手にいった気がします。



画像

断面は…「ひらひら」の層がちゃんと出来ていました。そして食感も「サク ホロ もちっ」!無事成功!
1回目のレッスンからもう2年なんだね~って、ちょっと昔話もしながらクロワッサンを味わいました。

さて。
今日で基礎課は終了。次回からは研究科に進みます。
そんな節目の日に、同じグループのSちゃんが引っ越しでナディハウスを離れることに。でも、とっても夢のある素敵な生活を叶えに行くので、いつものように明るく元気に(まるで来月も会うかのように)さよならをしました。でもきっと、そのうちまた絶対会うのです。私たちみんなでそちらに旅行に行きますから、看板メニュー確認しに行きますから、どうぞどうぞお元気で。Sちゃんのとびきり眩しいあの笑顔…忘れませんからーー!
いままで本当にありがとう。

海老と白菜のスープ。

画像

夜)チンジャオロースー飯・海老と白菜のスープ
久しぶりにしとしと雨降る夜でした。
宅配で届いた食材の白菜がものすごくしゃきしゃきと鮮度がよく、きちんと火を通しても食感が悪くならず甘く美味しく仕上がります。作りながら、チャウダーでもよかったな~と思ったり。昨年あたりから、チャウダーはキャベツよりも白菜の方を好んで入れています。寒い夜は、チャウダーもいいなぁ。

五目あんかけ焼きそば。

画像

夜)五目あんかけ焼きそば・クレソンのお浸し
世界体操決勝。最後の鉄棒。田中ーーー!内村ーーーーー!!と絶叫。
でも、内村の落下後の演技はやはり素晴らしかった!着地も気迫がこもっていて微動だにせず。アメリカも着実に力をつけてきていて、鉄棒のスピード感は日本の田中兄弟の丁寧さと比べると…勢いで勝っているように見える。内村並みの体操、やっぱり目が離せない。

気を取り直してご飯の話。
焼き色つけた焼きそば麺に、熱々の野菜あん、食べる時にラー油と酢。白菜の美味しい季節になると、あんかけ焼きそば率が高くなります。



画像

美味しいクレソンを見かければお浸しにして食べてます。
セルバの産直にたまに登場するクレソン。これがね、本当に美味しい。月曜日に見つけてお浸しに湯がいておいたから、胡麻とポン酢をかければできあがり。
最近徐々に忙しくなってきて、食事作るのがだいぶいい加減になってきました。ともすれば買い食いに走ってしまいそうだし。セルバの開店時間内に買い物できないのが一番の原因。このままではいけないよなーと思って、昔使っていた食材の宅配を再開しました。宅急便屋さんが来ると思えば買い食いに走らず家で野菜を待つ気にもなるのでは?というもくろみ。今日はその1回目。注文品はとりあえず様子見で、「白菜・大根・レモン・じゃが芋」のみ。お陰で何とか食事を作りました。食品売り場をうろつく時間は楽しいけれど、今はちょっと時間がもったいない。世の中の便利さに助けてもらえそうです。

H&K モノグラム。

画像

パープルのリネン × DMC 3743 & ECRU
モノグラムの刺繍、最近ちょっとはまっていていくつか刺しています。
こちらは最近結婚した友達に差し上げる用に刺したモノグラム。2人のイニシャルHとKを刺しました。Kちゃんに布地の色を選んでもらって、糸の色はおまかせ。薄い藤色とECRUを組み合わせて。あーでも、如何せん…私の手持ちの布地ってこんな感じの色ばっかりだから、若いKちゃんには渋すぎた??とちょっと心配(笑)
あ、これもブックカバーに仕立てます。3~3.5㎝四方のモノグラムが表紙中央やや上にくるようなイメージ。もう少し待っててね。



画像

ネイビーのリネン × DMC 844 & ECRU
こちらのネイビーはK君用。Kちゃんにあげる用を作りながら、2人お揃いもいいかなと思って刺しました。糸はかなり渋いグレーとECRUの組み合わせ。こちらはだいたい年齢相応かな(笑)
夫婦茶碗ならぬ「夫婦ブックカバー」。ご夫婦お揃いでお使いください。
あ、仕立て上がりはまだだいぶ先になります。お待ちくださいませー。

present a bunch of roses.

画像

花霧居
大事なお友達の明日は誕生日。
いつも気にかけてもらってくれてありがとう~の気持ちを込めて、部活に行く前に花霧居さんに花束を頼みました。私の中での彼女のカラーは“赤”なので、ピンクの薔薇と赤い実。あとは何を合わせよう??と思っていたら、花霧居さんが秋色紫陽花を合わせてくれて…素敵!昼過ぎに取りに伺ったら、ものすごく素敵に仕上げてくれていました。


画像

お誕生日、本当におめでとう。
忙しい毎日だろうけれど…明日から始まる新たな1年も、あなたらしく果敢に歩んでいってください。

バリ風ご飯。

画像

夜)バリ風ごはん
気ぜわしかった1週間も終わり、明日から3連休。でも、高校は新人戦を控えているので、きっとどの部活も連休返上で部活のはず。私も明日と月曜日は部活に行きます。
さて、今日はバリ風ご飯。出勤中の車のテレビの音声で、ついつい聞いちゃう8時前の「ZIP」の「moco'sキッチン」。今日は辛み調味料の「サンバル」が出てきて、あの辛さが食べたくなってバリ風ご飯を作りました。バリに行ったことも、バリ料理店に行ったこともないけど、仙台駅のS-PALに入っている安くて美味しい「バリご飯」を思い出し、イメージはそんな感じで。ただ、冷蔵庫の野菜をあれこれ入れて、S-PALのお店のとは随分違っちゃってますけど。でも、とにかくお野菜いっぱいのせて、美味しいんです。


画像

ご飯の上にゴマを振って、刻んだキャベツと胡瓜を乗せて、タコスの調味料と醤油で味付けした豚挽肉と刻み蓮根を乗せて、トマトを乗せて海苔乗せて、卵の黄身乗せて、三つ葉も乗せて。仕上げに「サンバル」をかけてよく混ぜて。そして大きなスプーンで頬張る!生野菜たっぷりだから、辛いけれどてあっさりしたご飯です。器は、冷麺のステンレスボウル。熱々の汁ものは盛れないけれど、こういうご飯類は結構絵になるのでよく使ってます。

ベーグル。

画像

チーズベーグル
夜ご飯の後、なんだかパンを焼きたくなって時間がかからないベーグルを…と思って焼いたのだけれど、秋を通り越し冬に近いような気温では思うように発酵せず、こんな時間に焼き上がってます。250gで6分割。2個はチーズを乗せて。チーズのこの端っこのかりかりしたところがまた美味しいんですよね。夜中だけれど、焼き立ての誘惑にはやはり勝てません。



画像

プレーンベーグル
こちらはプレーン。明日の朝とお昼用に、サンドにして食べようと思っているのだけれど…すべては明日無事に起きれてからの話。どうなることやら。

ポークソテー。

画像

夜)ご飯・スープ・ポークと南瓜のソテー・生野菜
秋を終えてそろそろ冬なんだろうな…という寒さ。室内で薄着派の私も、あれこれと着こみ始めました。もこもこの靴下とか、トレーナーとか。寒さを感じると、無性に眠くなったりだるくて何もしたくなくなったり。私がもし熊だったら、真っ先に冬眠するタイプなんだろうなと思うくらい、動作がめっきりにぶくなってます。ポークソテーも、あれれ…。片側の筋切りをおろそかにしたために反り上がってしまってます。機敏になれるスイッチが欲しい!

アンソレランチ。

画像

アンソレイユ/自家製パン・ド・ミのクロックムッシュ
昨日、よくお酒を飲んだので起きたらもうお昼でした。
野菜が食べたくって、アンソレイユさんへランチを食べに。今月のランチは自家製のパンをメインに使ったクロックムッシュやタルティーヌ。悩んだけれど、とろりとしたベシャメルソースに惹かれてクロックムッシュを注文。
kamataroさん、素晴らしく美味しかった!もう、本当に本当に定番にしてほしい!それに、紫色の透き通るスープも絶品、付け合わせの野菜も美味しい。あーでもやっぱりクロックムッシュが素晴らしく美味しかった!ベシャメルの滑らかさ、オーブンでかりっとしたチーズのかかったパンの耳。でも中はふんわりもちもちのパンにベシャメル。定番になることを切に、切に祈っております。
食べたいって思った方は、お急ぎくださいね。だって今度の火曜日までのメニューなんですもの。


画像

きんせん茶と栗のマカロン
ランチを食べた後は、台湾茶とマカロンでしばし読書の時間。栗のマカロンも登場していて、秋を感じさせてくれました。隣のテーブルの方たちはアンソレ名物の「巣ごもりパフェ」を食べていて、そっちも美味しそう。miyukiさんの作るお菓子と、kamataroさんの食事メニューに吸い寄せられるように、アンソレイユは今日も満席。ごちそうさまでした。

しゃぶしゃぶ。

画像

しゃぶしゃぶ用のお肉を頂いたので、友達と食べることに。ちょうどワインセール中のお店で普段使いの手ごろなワインも買ったので飲むことに。野菜を準備しただけで、とくに何も作らず。しゃぶしゃぶって手軽で嬉しい。


画像

用意した野菜は、水菜、大根、椎茸、えのき、人参、ねぎ。ピーラーでぺらぺらのリボン状にした大根が思いのほか美味しくて、途中で台所に追加しにいきました。


画像

赤ワイン1本じゃ足りなくなって、〆のおじや食べながら白も飲むことに。頂いて大事にとってあった白ワイン。柑橘系のようなさわやかな風味に、3人とも「おいしいー!」を連呼。本当に美味しかった!そのあとビールも少々追加して…よく飲んで食べました。ごちそうさま。

孔雀草。

画像

花霧居/孔雀草
土曜の課外講習で学校に行ったあと、花霧居さんへ。今日は大ぶりのお花が揃っていたけれど、孔雀草が気に入ったのでこちらを選びました。室内に花を飾るにいい気温になってきましたから、絶やさず飾っていければいいな。

さて、今日は午後にルーターの修理業者さんが来てくれました。先週IP電話が通じなくなって、ルーターの故障が判明。これで無事に家の電話が通じます。それともう一つよかったこと。ルーターをリビングに置きたくなくて、書斎に置いていたんだけれど、なぜかルーターにパソコンを接続してもつながらず。仕方なくこれまでずっとパソコンはリビングの壁のLANにつないで使っていました。だから印刷したいときは、えんやこらとプリンターもその都度リビングに運んで…。今日、ルーターの不具合は修理ではなおらず交換対応になり、業者さんがいろいろ設定してくれて、晴れて書斎でパソコンを使えることになりました!もう嬉しくてうれしくて!
これでリビングの狭いテーブルで仕事をすることもなくなって、書斎が本当に書斎に!今までの納戸状態とはおさらば!ということで、今は書斎でこの記事書いてます(笑)
あーでも、書斎なんだけど、壊れた2棹の本棚、積み重ね状態の本の山。。ますますもって気になります。和室も寝室もここに越してきた8年前からほとんど手つかずなんだけど、書斎もなんとかしなくちゃ。
あーでも、PCが書斎で使えて嬉しい!

アトリエモルソー。

画像

アトリエモルソー(青葉区東照宮)
昨日、花霧居さんで花束を受け取った後にモルソーさんに立ち寄りました。
フランスから帰国したばかりの佐々木さんの審美眼にかなった品々が、店内にあふれていました。昼のお店も素敵だけれど、あの何とも言えない光量加減のいい夜のお店の雰囲気は格別。お店のドアに手をかけただけで、わくわくが始まるお店。



画像

素敵な古き良き風合いのあれこれを眺めるのも楽しいけれど、佐々木さんのあの穏やかな口調で語られる言葉を耳にすると、古き良き風合いにすっと自分も入って行けるようで心地いいのです。



画像

気になるものがいくつも見つかる。あとは自分の部屋でイメージを膨らませて、合うかどうかよく考えてみる。
インテリアは考える時が一番楽しいかもしれませんね。

新月の夜に。

画像

花霧居さんのブーケ
今日は新月なんだそうです。
そしてそんな新月の夜に、大切な友達A君とKちゃんが入籍しました。
おめでとう!


画像

新月を待っての婚姻届。2人を乗せて区役所までの運転手の栄誉にあずからせていただき、どうもありがとう。せっかくだからお花とお菓子を贈りたいと思って、お菓子はアンソレイユさんに羊の焼き菓子アニョーパスカルを焼いてもらって、お花は花霧居さんにお願いしました。


画像

いつも素敵なお花で楽しませてくれる花霧居さん。こちらのお店との出会いはKちゃんがきっかけだったから、やっぱりどうしても花霧居さんのお花を贈りたくて。白とグリーンで…という色の希望だけを伝えて、あとはお任せ。今日の夜に取りに伺ったら…やっぱり素敵!白い紫陽花を軸に、フランネルフラワー、ミヤービフローラ、薔薇などをあしらって。うん、うん、フランネルなんてKちゃんのイメージにぴったり!


画像

花霧居さんもKちゃんをよく知るかただから、ブーケのラッピングペーパーは薄い水色のが彼女のイメージにぴったりよね、なんて言って仕上げてくれました。

そして新月を迎え、夜の区役所へ。
無事、2人の婚姻届提出を見守り、ご飯を食べて帰宅。
A君は帰りの車の中で「俺(婚姻届提出する前と後で)変わった?変わった?」と聞いてきたけれど(笑)、A君はKちゃんと出会った時点で随分変わったと思います。変わったというか、進化したというか、とにかくいい感じなのは間違いない。
どうぞ末永くお幸せに。
そして、これからもよろしくね。

ひじき炒飯。

画像

夜)ひじき炒飯
ひじき食べると体にいいことしてるって気になります。
ひじきは生協の缶詰タイプを使っていて、水で戻す必要もなく、そのまま調理できる手軽さがお気に入り。ひじき炒飯…大学時代の料理上手の友達に作ってもらったのがとっても美味しかったなぁ。
今日の具は鶏挽・ネギ・人参・ピーマン・ごま。ありもの野菜で飾らず気取らず。夜ご飯はこれだけなんだけれど、ちょっといただきものの美味しいものをこれから食べるので、腹八分目でストップ。お茶入れて、バター準備して…楽しみ楽しみ♪

イニシャル“H”

画像

まだ途中ですが、ここ数日刺しているイニシャル“H”。同系色でまとめて秋っぽく。
ついつい時間を忘れて針を持ち続けてしまうけれど、それもあと少し。明後日からは赤ペンをただひたすら…10時間近く持つ日々が待っています。
捕手並みの強靭な肩が欲しいーーー。

ひじき入り焼きつくね。

画像

夜)ご飯・みそ汁・ひじき入り焼きつくね・クレソンのお浸し
三連休もおしまい。
一昨日はお彼岸のお墓参り。昨日は台所教室。そして今日は…書斎の片付け。3.11の震災で、一番大変な状態になったのが書斎。天井までの書棚2棹は倒れ、本は飛び散り、机は押しやられ、デスクトップのパソコンはふっとび。本棚はもう使いものにならないと分かっていたので、大量の本をどこに片付けていいかわからず茫然自失の状態でした。でも…茫然自失も時がたてば単なるモノグサの心境に変わり、ようやく重い腰をあげて本日片付けました。遊びに来た友達に「手伝おうか?」と言われ、遊びに来た友達の子供に「なんかすごーい!このお部屋!おかーさーん!」と覗かれ…。でも、もうこれで大丈夫。
さて、今日の夜ご飯は質素な和食。つくねはいつもの「鶏挽・大葉。玉葱」の組み合わせにひじきをプラスしました。ちょっと健康を意識しはじめまして。クレソンのお浸しは、セルバの産直「穂のか」で試食が出てて、食べてみたらとっても美味しかったので、初めてクレソンをお浸しにしてみました。生でも食べられる葉物だから、さっと茹がけばOK。それにしても、茹でるとカサがぐぐっと減っちゃうクレソン。2袋買ってくればよかった…と、ちょっと美味しい後悔。

オオタナナエ台所教室(H23.9.24)。

画像

今日も愉快で楽しいナナエ先生の台所教室。
↑の薔薇、もうこれだけでベトナム感が漂ってきます。この素敵な薔薇がナナエ先生作ではなく(もちろん私でもなく)、手際のいい生徒さん作。とってもとっても綺麗でしょ。実物はもっともっと綺麗で、みんなで“ミス薔薇”の称号を差し上げました。


画像

涼しくなったとはいえ、今日はとにかく刻む作業が目白押し。それも細かく…ひたすら細かく刻む作業。「フードプロセッサーだったらあっという間だろうけど、一応教室だからね」とにんまり笑うナナエ先生の指揮下で、生徒一同一心不乱に刻みまくりました。刻んだこの野菜はワンタンの中身。家での復習でも、このくらいを目指さなくちゃなりません。



画像

Pho Xao(炒めフォー)
汁でいただくフォーは何度も食べたことがあるけれど、焼きも美味しい!汁麺としてよりも、もっともっちもちな食感で食べごたえあり。具材の春菊がものすごくいいアクセントになっていて、やみつきになる美味しさ。家で作るときは野菜を倍量入れて、おかずなしで十分栄養摂れるなって思いました。


画像

Hoanh thanh chien chay(精進揚げワンタン)
これでもかってくらいに刻んだ野菜で作ったワンタン。お肉なしでもものすごく美味しい!スイートチリソースをたっぷりつけて、ついつい食べ過ぎてしまうけど、精進揚げだと思うとなんだかそれだけでヘルシーな気がして…ついついまた手が出る。


画像

Kem Dua(ココナッツのアイス)
簡単なのにどうしてこんなに美味しいんだろう。
アイスは固まるまで時間がかかるので、私たちが食べたのは前の時間のレッスンの人たちが作ったもの。だから私たちが作ったものは、明日のレッスンの人たちが食べる予定。明日の人たちが美味しいって言ってくれるように慎重に作らなきゃ!とは思うのだけれど、手順が簡単すぎて慎重になるポイントがない。誰がつくっても、家で復習したときも、必ず美味しく出来るのがナナエ先生のレシピのすごさ。

今日のレッスンも、みなさんとわいわい賑やかに時間を過ごすことができて本当に楽しかったです。ご一緒したみなさん、どうもありがとうございました。思わぬ方向に話があっちこっち飛ぶ面白さ。そういうところも台所居室の醍醐味です。気付かされることあり、ためになることあり、爆笑あり。またご一緒できるといいですね。(あ、とりあえず今日はハイテオリマス!)

ナナエ先生、今日も美味しい料理を教えてくださってありがとう。来月はナナエ先生がベトナムに1ヶ月行っちゃうから教室がなくて寂しいけれど、11月まで復習して待ってますから。気をつけて行ってらっしゃいませ。

ポルボロン。

画像

台湾茶とポルボロン
夕方、あずきを車に乗せてアンソレイユさんへ。miyukiさんとkamataroさん、そしてsさんにもお会いできてとても楽しい時間を過ごしてきました。kamataroさんとは、志賀シェフの話で1週間前のあの感激を再燃させ。この秋はパンを焼くぞって気になりました(笑)
でも、パンの前にまずは定期考査の問題作成です。来週の問題を明日には印刷したいので、今夜とにかく仕上げねば。アンソレイユさんのお菓子「ポルボロン」。3回唱えて食べれば願い事がかなうというお菓子。
ポルボロン、ポルボロン、ポルボロン、作問の神が降りてきますように!
あーもうこんな時間。気分転換終了!あと少し、頑張ろう。

豪勢な昼食会。

画像

今日の来客はとてもとても料理上手な方々なので、掃除をして花を飾って器を用意して…私の出来ることは以上!お1人はプロヴァンス料理を。お1人は創作和食を。お1人は食べたくて仕方がなかったパンを。来てくださっただけでも嬉しいのに、素晴らしいお料理と、そして止まることのないおしゃべりとで、それは楽しい時間でした。


画像

Sさん/玉葱とズッキーニのテリーヌ・ラタトゥユ
Sさんのお菓子はこれまで数回頂いたことがありましたが、お料理は初めて。なんて素敵なテリーヌ!田舎者の私はいったいテリーヌっていうものを何センチ幅で切ってよいかわからず…盛り付けたこともないので台所で四苦八苦。写真では伝えきれない美味しさがそこにはありました。ラタトゥユをテリーヌと合わせて食べてもまた美味しい。お菓子も料理もセンスが抜群なSさん。お料理を教えていただきたいなぁ。


画像

Oさん/蒸し五目おこわ・金平牛蒡・シークワァーサー漬け・栗の渋皮煮
    瓜の酒粕漬け・胡瓜とピーマンの古漬け

ご本人は「いつもの田舎料理だから」って謙遜なさるんですが、味がびしっと決まってるんです。それに創意工夫が抜群で、金平なんてナンプラーとピーナッツ(あれ?アーモンドでしたっけ?)入り!普通のきんぴらよりも味のあたりが柔らかだなって思ったんですが、なんとナンプラーとは!瓜や胡瓜の漬物はもちろん自家製。ピクルスみたいなお漬物はなんとシークワーサー!おこわは蒸籠で蒸してあって、具の干し椎茸はなんと干すところから自家製!もう、なんだってできる方なんです。仕事も家庭も家事も育児も…!

そんなお料理を頂いて、あとは4人でクロスステッチ。とめどなくしゃべっていた4つの口がものの見事に閉じられて、静かな時間も過ごしました。出来る人っていうのは本当になんでもできる。Y先生ってば飲み込みが早すぎて、ほんのちょっとレクチャーしただけなのにものすごく早いスピードでどんどん仕上げてらっしゃいました。
みなさんの貴重なお休みをうちで過ごして頂いて、とても嬉しいです。
また、お花とお皿を準備してお待ちしておりますね(笑)
来てくださって、ありがとう。

花をあしらう。

画像

花霧居さんで花を選ぶ時間はとても心地よくて、家に花を飾る楽しみはお店に伺うその瞬間から始まっています。
できることなら、花霧居さんの空間そのものを引き写したいくらいに。


画像

明日いらっしゃる素敵な方々をお迎えするために今回私ができることは、花を飾ることくらい。お料理上手な方々が、お昼を持って来てくださるとのこと。楽しみで楽しみでたまりません。

懇親会。

画像

BAROLO/三井ガーデンホテル7F 
いつもお世話になっているナディハウスの祐生先生がシニフィアンシニフィエの志賀シェフを招いて2日間の講習会を行いました。講習会は平日だったので参加できませんでしたが、夜の懇親会でぜひ志賀シェフにお会いしたくて参加。火曜日の夜、いそいそと出かけたのであります。


画像

乾杯のあと、まずは同じテーブルでご一緒した方とおしゃべり。皆さんパンを職となさっていたり、学問の域にまで達するほど励んでいらっしゃったり、パンを食とするのが精いっぱいの私はものすごく新鮮で楽しくお話させていただきました。いくつかのテーブルに分かれていたのですけれど、志賀シェフは隣のテーブルにいらっしゃって、思いがけなくもすぐ隣に座ってらっしゃいました。あのものすごいパンを焼く方はどんな方なんだろう…といろいろ想像して行ったのですが、もう想像以上!背筋の伸びた、物腰や口調の非常に穏やかな紳士で、1人の人間としてとても魅力的な方でした。本店のパンランチを食べにこの夏もでかけたこと、知人が買ってきてくれたシニフィアンシニフィエのパンを家に帰るのが待ち切れず車で食べたこと、お酒を飲みながらそんな話も聞いてくださいました。


画像

ご一緒のスタッフの方や古くからナディハウスに通ってらっしゃる方たち、いろんな方ともお話できてとっても楽しかったです。お料理はBAROLOのイタリアンのコース。前菜のクジラのバルサミコソースがとても美味しかった。他もそれぞれに美味しかったんですけれど、この夜はなにせ志賀シェフが間近にいる緊張感のせいかよくお酒もすすんだのでうろおぼえ(笑)


画像

以前、祐生先生がレッスンでおっしゃってた「自分の作りたいパンをイメージできるようになること」の大切さ。この日、志賀シェフもおっしゃってました。偶然や突然変異で美味しくなるわけじゃないから、当たり前と言えばあたりまえだけど、やっぱりパンは奥が深い。哲学だなって思いました。

すべてのテーブルを丁寧に回って全員とお話しすることに努めてくれた志賀シェフ。遅い時間まで本当にありがとございました。細く長くどうにかこうにかパンを焼き続けて、いつか志賀シェフの講習会に参加してみたいと思いました。そしてなにより、素晴らしい時間を用意してくれた祐生先生、ありいがとうございます。どこまでもついて行きます!

牛肉と茄子のおうどん。

画像

夜)牛肉と茄子のおうどん・おろしイクラ・トマトのチーズ焼き
冷蔵庫の食材を総動員。
土曜日の宴に出すはずだったイクラ。いつも何かしら出すのを忘れた食材があります。



画像

トマトのチーズ焼きは土曜日にナディで習って気にいって、数時間後に宴でまた食べて、そして今日もまた作りました。簡単で美味しい料理は何よりのご馳走。

「ひやおろし」を飲む。

画像

宴)一の蔵「ひやおろし」・オクラ茗荷昆布のせ冷奴
  長芋の揚げサラダ・トマトと茄子のチーズ焼き

ナディハウスでのパンレッスンを終え、友達を乗せて家に着いたのが7時過ぎ。今日は我が家で宴だというのにこのぎりぎり感。ちなみに集合は7時。それから揚げ物して、オーブン焼きして…と、宴は7時35分にスタート。毎度のことながら、お待たせして申し訳ない(笑)
さて、今日の宴は一の蔵でこの時期に出す「ひやおろし」を飲むのが目的。180日間熟成させて、加熱処理せずまろやか風味をそのまま頂く。180日といば6カ月。これは震災前後の大変な時に仕込まれたんだなぁと思うと、感慨深いものがあります。今日集まった4人は、震災後に我が家で生活を共にしたメンバーということもあって、自然と話はあの日のことに及びました。


画像

とにかく時間がなかったので、食卓は簡単なものばかり。寄せ豆腐に最近気にいりの「オクラ茗荷昆布」の和えたのをかけて。


画像

塩胡椒して片栗粉をまぶして揚げした長芋は別添えのタレをつけながら食べます。揚げた長芋のホクホクした感じって美味しいですよね。二度揚げで、外はかりっと、中はほくほくっと。


画像

ひとしきり飲んだ後、〆は牛丼。レシピは10年近く前に出た「平野寿将の夜明けのレシピ」のが気に行っていて、作るときは必ずそれを基本にしています。エリンギを入れているところが当時は目新しく思えて、そしてエリンギが牛肉によく合うんです。卵は2個しかなくって、じゃんけんで負けたKちゃんと私は鶏卵ではなくうずらの卵で代用。


画像

花霧居の薔薇
さて、お花の話。
いつもKちゃんが来るときは、花を携えて来てくれます。それも花霧居さんのお花。だからいつのまにかそのお花をあてにしている私(笑)今日もやっぱり持って来てくださいました。
香りは控えめなんだけれど、色といい姿といい…あでやかさとノスタルジックな風合いが抜群の薔薇。花を求めるKちゃんと、お花屋さんの花霧居さんが間違いないからいつも本当に楽しみです。とってもとっても気にいりました。
Kちゃんありがとう。

明日で震災から6カ月。いろいろ胸に去来することもそれぞれにあるだろう6ヶ月目。でも、まだ終わっているわけではないということを忘れないよう生活していこう。

ナディハウス 上級6。

画像

いつのまにか上級6。
今日も新しいことをいくつか勉強しました。
ドライブロートは3種類の粉をブレンドした大きなパン。成形で両脇を折る意味や布どりの効果など、上級6とは言ってもまだまだ知らないことがたくさん。知らないことがあるって、楽しいことがまだまだあるってことだから嬉しいことです。


画像

ドライブロート
焼き上がりはシンプルで大きなパン…といった感じですが、成形時の手順がわりと複雑で、先生の手をとにかく凝視。1度では分からず、2度やってもらって、それでも手順があれれ??と曖昧になるので布巾でもやってもらって(笑)忘れないうちに絵で書き留めて。(その絵でどれだけ家で再現可能か不安!)



画像

ドライブロートとトマトのチーズ焼き
胡桃と全粒粉とグラハム粉の香ばしさがおいしく、バターや蜂蜜をつけて食べると美味しい。そして今日の付け合わせは、トマトのチーズ焼き。これがものすごく簡単なんだけれどジューシーで美味しく、トマトから出た汁をパンにつけてもまた合う!パンとおかずの組み合わせの妙に、いつもただただ感嘆させられます。



画像

デンマークのお菓子パン
いつもはお砂糖控えめのナディのレシピで、砂糖も卵もバターも20%超え!ものすごくリッチなパンで、持ち帰りの生地の手捏ねはさぞかし大変だろうということで、今日は教室のロボコンで捏ねてもらいました。ロボコンの威力はものすごくて、グルテンの膜がオブラートのように薄く透けるほど。手捏ねの時もとにかく艶やかに捏ねてね、という先生の言葉に一同苦笑いを返しましたが、このリッチパンはぜひとも家でも復習したい!



画像

しっとりとキメの細かい生地。あれだけバターや砂糖が入っているのにほんのり甘い感じ。市販のはどれだけ入っているの?とカロリーが気になるところではありますが、カロリーは気になりながらも、ペロリといけちゃう口当たりの良さが憎いのです。一切れだけ…と思いながらも、もう一切れ。そしてもう一切れ。あれれ??と食べちゃう怖さ。
今日も大変美味しく学ぶことができました。
次回はいよいよクロワッサン。上級コースもラストです。食べるのとしゃべるのは上級なんだけどね、私たちのグループ。次回も宜しくお願いします^^

遊牧カフェ vol.3

画像

ナナエ先生をはじめとするメンバーで行っている「遊牧カフェ」。今回は山元町の仮設住宅に8人でおじゃまして、ベトナムの屋台なんかで手軽に食べられている「ボッチン」を振舞うことになりました。


画像

今回うかがった山元町のこちらの仮設住宅は75戸250人が住んでいらっしゃるということで、260人分くらい提供できるように準備。餅を揚げて、卵でとじて、野菜のトッピングを乗せてタレをかける。メンバー全員がそれぞれの持ち場で11時のオープンに向けて準備。


画像

ナナエ先生のベトナム語の先生とそのお友達がアオザイを着てお手伝い。若い(エム)彼女たちの働きと軽やかなベトナム語に励まされ、幾分年長者(チー)の私たち日本人は油まみれ汗まみれになりながら餅を揚げ、揚げ餅を卵で焼き…の作業の繰り返し。


画像

数日前に全戸にちらしを配布した効果と、それ以上に仮設住宅の自治会長さんの強力な援助を頂いて、ぞくぞくと居住者の方たちがボッチンを受け取りに来てくれました。
「ベトナムの料理、わだし始めで食べだげど、案外美味しいんだっちゃねー」
「どうやって作ってんの??」
わざわざ食べ終わってから言葉をかけてくださる方も多く、単調な仮設での生活のちょっとした“息抜き”になっていただけたならよかったな、と思いました。

ボッチンは1時間程度で230人分くらい受け取りにきていただけて、あっという間に時間はすぎていきました。その後、2時からのフリーマーケットや珈琲のサービスなんかも大盛況。楽しんでいただけたならよかったな、と。
それでも、最後にゆっくりおしゃべりしていったおばちゃんたちが、「仮設暇なのよ。するごどないから。手仕事でもあればいいんだけどね。」って言う言葉が気になっています。それを受けて、私たちがすぐにどうのこうの出来るわけではないのだけれど、何事も考えることが大事。
炊き出しだって、もうそれぞれの仮設の台所で自分の味で生活し始めている。自治会長さんもおっしゃっていたけれど、自分の生活を自分で回していくことが自立なんだろうし、ありふれたメニューの炊き出しならそれの妨げにもなるだろうから、炊き出し一つとってみても何をどうするかってしっかり考えて臨まなきゃならないないなって再確認。
遊牧カフェ、ナナエ先生を中心に長く活動していくので、私もできるかぎりお手伝いしたいと思ってます。


画像

最後に。
今日私がした仕事は「餅を揚げる」こと。Sさんと心頭滅却しながら暑さと油ハネに物怖じせずひたすら揚げ続けました。どんなことでも、自分にできる何かがあるはず。震災からもうすぐ半年。仙台にいると、ともすれば何もなかったような生活に感じますが、まだまだいろんな手が足りていない場所や方面があります。目を向けて、自分のできる小さな何かを積み重ねていけたら…という思いを強くして帰ってきました。

山元町の仮設のみなさん。特に自治会長さん。どうもありがとう。
遊牧カフェのみなさん、いろいろとありがとう。
いろんな人の縁が生んだ今日の「遊牧カフェ」。また次もぜひ、どうぞよろしくお願いします。

おくら月見うどん。

画像

オおくら月見うどん
金土と文化祭でした。大型台風の影響が大変気になっていましたが、仙台は大雨の混乱もなく無事終了。文化祭と言えば模擬店。廊下を歩けばすぐに生徒につかまり、10時近くからクレープ、唐揚げ、どら焼き、…と甘く高カロリーなものを摂取。ゆえに夜はやや控えめでなければなりません。
昨日食べた豆腐サラダの具。今日はオクラ、茗荷、刻み昆布を(昆布を戻しつつうまみを出す感じで)ひたひたの水で和え、冷蔵庫へ。うどんを茹でてきっちり冷やし、冷やしておいた具と黄身をのせ、めんつゆをかけて出来上がり。すっかり気に入ったオクラ・茗荷・刻み昆布のコンビネーション。醤油やポン酢で最初から和えると味が濃くなるので要注意ということも学習。うどんにもばっちりあいました。くせになりそうです。

ボッチン。

画像

夜)ボッチン・焼きポテトのクリームチーズ添え・豆腐サラダ
日曜日にナナエ先生の遊牧カフェ(被災地支援活動)に参加することになり、昨日の夜に打ち合わせがありました。今度で3回目になる遊牧カフェ。日曜日は仮設住宅の集会所を借りて、ボッチン(揚げ餅の卵とじベトナム屋台メニュー)を食べていただくことに。その試作と打ち合わせ。ボッチンは1人1回作って、あとは試食。試食とはいってもそこはナナエ先生の食卓。ボッチン、焼きフォー、精進揚げワンタン、豆腐サラダと豪華!そこにお料理上手なYさんが焼きハッシュドポテトみたいな美味しい手料理を持参してくれて、今日は何かのパーティーですか?って感じでした。でも、如何せん…仕事日のバックにカメラを入れているわけはなく、写真を撮ることができませんでした。でも、どれもものすっごく美味しくて、そのメニューの一部を再現せずにはいられなかった私。
前置き長くなりましたが、そんなわけで、今日は昨日のまねっこメニューです。


画像

Yさんが作った本物は、もっと高さもあって焼き色が均一でとっても綺麗で美味しかったんです。クリームチーズにディルも散らしてありました。それにクリームチーズは岩手のトロイカのだそうで、とっても美味しかった!そして今日の私のは、ディルもトロイカのクリームチーズもありませんが、教えてもらった手順を踏めただけで満足。Yさん、美味しいのをまた教えてね。


画像

豆腐サラダはこの時期に冷蔵庫に入っているだろう野菜で出来る体にもよさそうな美味しいサラダ。オクラ、茗荷、大葉、プチトマト。それに刻み昆布。私はポン酢で和えたのだけれど、昆布のうまみが溶けだして味が濃く感じられました。これは毎日食べてもきっと飽きの来ない豆腐サラダだと思います。もっと早く…夏が来る前に出会いたかった!
皆さん、美味しい味を教えてくれてありがとう。
日曜日、どうぞよろしくお願いします。

炒め物。

画像

夜)ご飯・野菜スープ・つるむらさきと豚肉の炒め物・焼き茄子
ナナエ先生のところで習った「いんげんと豚肉の炒め物」。さっそく復習しようと思って野菜売り場にいんげん求めにいったのだけれど、毎日よく見かけるいんげん…なぜか今日はすっからかん。どのご家庭でもいんげんの炒め物してるの??って思っちゃいました。それならば…と、人生で多分初の「つるむらさき」を購入!なかなか食材で冒険の出来ない私。この前食べたベトナム料理屋さんの「つるむらさきと干し海老の炒め物」が美味しかったから、きっといけるんじゃないかと。作ってみたら、そこそこいけました。でも、やっぱりいんげんの方が断然美味しい気がします。いんげん&豚肉。つるむらさき&干し海老。きっとそれぞれ相性ってものがあるんだろうな。でも、ヌクマムでの炒め物はご飯との相性ばっちり。ご飯がとにかくすすみます。

オクラの肉巻きのせ冷やしうどん。

画像

オクラの肉巻きのせ冷やしうどん
なんだか暑かった今日。台風が近づいているせいか、湿度もだいぶ上がってきましたね。
そんな日は、極力火を使わずに調理したい。オクラの肉巻きは直前まで揚げるか焼こうかしようと思っていたのだけれど、火を使いたくなくてレンジでチンしました。解凍ぐらいでしかレンジ機能を使わない私なので、レンジって便利なのねぇと今更ながら気付かされ。この夏もっとレンジを活用しとくんだった!と小さく地団太踏んでみたりして(笑)オクラの肉巻きは、板ずりした生のオクラに豚肉を巻いて、塩胡椒してお酒を振りかけてレンジで1分少々。あっという間!油も使わないからヘルシーってこういうことななのね!そんな小さな気づきに嬉しくなった夜ご飯でした。